準備・各部名称

Smart B-Trainer のご利用にあたって、アプリケーションやデバイスの準備を行います。


各部名称

name of product
name of app

アプリケーションをダウンロードする

お使いのスマートフォンに応じて、App Store、または、Google Play からアプリケーション"Smart B-Trainer " をインストールします。

* インストール後、スポーツデバイス (SSE-BTR1) とアプリケーションの [ セットアップ] が必要です。

App icon

function image NFC でタッチすると接続できます。

NFC 機能搭載 スマートフォンでは、スマートフォンと スポーツデバイス (SSE-BTR1) をタッチするだけで、自動的にアプリのダウンロードができます。またダウンロード後は、NFC機能でタッチすることで、スマートフォンとスポーツデバイスを簡単にペアリングできます。

*ご利用の端末やOSによりNFCが動作しない場合があります。

アプリケーションの準備とスポーツデバイスの装着

App icon

インストールしたアプリケーションを起動すると、[利用規約] の表示 → 製品の説明 が表示されその後、 [セットアップ] が開始されます。

セットアップ画面を確認しながら、ペアリング、デバイスの装着、心拍が計測できることを確認しましょう。

スポーツデバイスをアプリケーションに登録します。
デバイスの登録(ペアリング)方法はこちら
スポーツデバイスを装着します。
デバイスの装着に関する情報はこちら
心拍計測を行います。
心拍の計測方法はこちら
function image 心拍が計測できない場合はこちら

心拍が計測できたら、あなたのプロフィールを入力して [セットアップ] 完了です。

function image スポーツデバイスと装着イメージ

step1 image arrow image step2 image arrow image step3 image arrow image step4 image
App icon

function image 心拍が計測できない場合

本製品は、耳のくぼみからセンサーが心拍を計測しています。そのため、耳の形状や大きさによっては、出荷状態のイヤーピースやセンサーカバーでは心拍が正しく計測されない場合があります。

セットアップ後、心拍計測はメニューの「デバイス情報」から測定が可能です。

ネットワーク (サインイン) 機能を利用する

How to Image

トレーニング結果や、ボイスメモ、トレーニングの経過状況などをネットワーク上にバックアップできます。

バックアップ機能を利用すると、スマートフォンを変更する際のデータ移行や、複数のスマートフォンで Smart B-Trainer を利用する場合、同じデータを利用、閲覧することができます。

サインインの詳細手順はこちら
サインインすることでできることはこちら
スマートフォンの機種変更時の手順はこちら

※バックアップ・データ移行時にデータ量によっては長時間かつ多量のデータ通信が発生する場合があります。
Wi-Fi環境によるバックアップ・データ移行をおすすめします。

アプリの基本構成を見る

How to Image

アプリケーションの左上の「 」アイコンをタップするとメニューを引き出すことができます。このメニューから、[トレーニングメニュー]、[履歴]、[デバイス情報]、[設定]などあなたのトレーニングに必要な情報を操作、選択、参照、設定することができます。

音楽を転送する

How to Image

スポーツデバイスにはあらかじめサンプル曲が用意(内蔵)されていますが、お好みの曲を転送してトレーニングにご利用いただけます。

楽曲の転送手順 (*ご利用PCのOSにより転送手順が異なります。)

Windows OS搭載パソコンをご利用の場合はこちら
Mac OS搭載パソコンをご利用の場合はこちら

トレーニング中の自動選曲でご利用いただくためには、転送後アプリケーションのメニュー [デバイス情報] → [楽曲情報の取得] から楽曲のテンポ情報を取得してください。

スポーツデバイス(SSE-BTR1) を充電する

How to Image

トレーニング前に、充電を行ってください。USBクレードル(同梱)へ右ヘッドホンを差し込むことで充電ができます。充電中は(電源マーク)ボタンLEDがオレンジに点灯し、充電が完了すると消灯します。

App icon

function image 充電のめやす

電池残量が少なくなるとスポーツデバイスの電源ボタンの周囲が緑色とオレンジ色で交互に点滅します。*データの読み込み中などに予期せず電源が切れた場合データが破損することがありますので、トレーニング前に電池残量を確認してください。*アプリケーションのメニュー[デバイス情報]からも電池残量を確認できます。

Plan

目的に応じてトレーニングメニューをアプリで設定・選択して、デバイスに転送します。


目標を設定する

How to Image

アプリケーションのホーム画面上で左スワイプをするか、ドロワーメニューの「目標設定」から新しい目標を設定することができます。3ステップであなたの目標を設定し、トレーニング後に目標の達成度を確認しましょう。

トレーニングを選択する

How to Image

アプリケーションのメニュー [トレーニングメニュー] から目的にあったトレーニングメニューを選択してください。

その日のランニングの目標値 (時間、距離、消費カロリー、ペースなど) を設定したり心拍数を活用したトレーニングができる「ベーシックトレーニングメニュー」 に加えて、プロのトレーナーなどによる目的や段階に応じて選べるトレーニングやアスリートのパフォーマンス向上をサポートする「プロトレーナー監修のトレーニングメニュー」を選択頂けます。

ベーシックトレーニングメニュー

How to Image

目標を決めてトレーニング(「ベーシックトレーニングメニュー」)

「時間」「距離」「消費カロリー」「ペース」などの目標設定や、プロフィールに入力されたデータをもとに、心拍数を活用したトレーニング 「効率的に脂肪燃焼」「持久力アップ」を利用することができます。また、目標を決めない「フリー」や詳細に目標を決める「詳細に設定」もご利用いただけます。

プロトレーナー監修のトレーニングメニュー

このトレーニングメニューは、トレーニングメニュー選択後 トレーニング期間や目標を設定する場合があります。設定画面が表示される場合は、アプリケーションの説明にそって設定を進めてください。 また、音声によるコーチングに対応したトレーニングメニューは開始前に音声データをダウンロードする必要があります。

App icon

金哲彦氏監修のトレーニングメニュー

マラソン解説者やランニングコーチとして知られる金哲彦氏が監修したメニュー。ウォーキングからフルマラソン対策まで様々な目的やレベルに対応する多彩なメニューを用意。一定期間で上達できるよう工夫されており、トレーニング中に聞くことのできる金哲彦氏の音声によるコーチングのほか、金哲彦氏オリジナルのウォーミングアップ/クールダウン、トレーニング終了後にアプリ上で確認可能なアドバイスや進捗管理など、金哲彦氏のコーチングを体験することができます。

トレーニングメニューの転送

How to Image

トレーニングメニューを選択し目標設定ができたら「トレーニング転送」ボタンをタップし、スポーツデバイスへトレーニングメニューを転送してください。トレーニングの転送が完了し「トレーニング開始」が表示されたら準備完了です。

*トレーニングメニュー転送には スポーツデバイス(SSE-BTR1)とアプリケーションが Bluetooth 接続されている必要があります。

Training

トレーニングメニューを転送したら、デバイスだけを持ち出してトレーニングをスタート!


トレーニングをスタート

How to Image

トレーニングメニューをデバイスに転送したら、デバイスだけを持ち出してトレーニングを始めましょう。スポーツデバイス(SSE-BTR1)の [START]ボタンを押してトレーニングをスタート。音楽・音声ガイダンスと共に、楽しく効率的なトレーニングが始まります。

トレーニングメニュー画面下側に表示された [トレーニング開始] 、またはアプリケーションのメニュー[スタート]を選択するとアプリケーション側からもトレーニングを開始することができます。

トレーニング中の音楽再生・音声ガイダンス

How to Image
How to Image

音声ガイダンス / 音声コーチング *

トレーニングメニュー中は、距離や心拍数などユーザーの状態を音声により定期的にガイダンスします。またスポーツデバイス(SSE-BTR1) の [電源/INFO] ボタンを短く押すと、いつでも音声ガイダンスがながれます。

プロトレーナー監修のトレーニングメニューでは、プロのコーチなどによる音声コーチングにより、トレーニングのポイントなどがアドバイスされるので、より効率的なトレーニングを実践できます。

*一部のトレーニングメニューのみ対応

How to Image How to Image

心拍数に連動した自動選曲・再生*

ランニングログを記録するトレーニング中は、心拍をリアルタイムに計測し、事前に設定したユーザープロファイルやトレーニングメニューでの目標心拍数をもとに楽曲を自動選曲します。 トレーニングの強度を変更する場合は、スポーツデバイス(SSE-BTR1) の App icon / App icon ボタンの長押しで変更できます。 再生楽曲の曲送り、曲戻しは、スポーツデバイス(SSE-BTR1) の App icon / App icon ボタンから操作できます。

*トレーニングの強度を変更は、アプリケーションの App iconApp icon からも行えます。

*一部のトレーニングメニューのみ対応。

*楽曲のテンポ解析は、ソニーの12音解析技術により実現しています。

スマートフォンを携行してトレーニングする場合

App icon

リアルタイムレビュー

スポーツデバイス(SSE-BTR1) と アプリケーションを 接続することで、トレーニング中に計測している様々な情報をモニタリングすることができます。 また、画面上の App iconApp icon を選択すると、自動選曲のテンポを変更することができます。

App icon

トレーニング中の再生楽曲について

スマートフォンを携行すると、スマートフォン内の楽曲再生をBLUETOOTH機能によりデバイス側で聞くことができます。再生楽曲ソースの選択は、スポーツデバイス(SSE-BTR1)の [BLUETOOTH/SELECT]ボタンを短く押すことでデバイス内に保存された楽曲 ⇔ スマートフォン内の楽曲 を切り替えることができます。

App icon

Bluetooth 機能を利用して着信を受ける

トレーニング中にスマートフォンに着信があったら、スポーツデバイス(SSE-BTR1) の [電源/INFO] ボタンを押して通話状態に切り替えることができます。通話が終了したら [電源/INFO] ボタンを押し終話します。着信に応えられない場合は着信状態の[INFO]ボタンを長押ししてください。

トレーニング中の便利な機能

How to Image

オートポーズ機能

トレーニング中の買い物や信号などによる静止を検知し、スポーツデバイスが自動的にトレーニングを一時停止してくれます。 オートポーズ機能をご利用いただくことで、毎回、一時停止/再開する操作の手間がなくなり、より純粋なトレーニング結果を取得することができます。

オートポーズの設定方法はこちら
*トレーニングメニューを転送するまで設定は変更されません。設定変更後は、必ずトレーニングメニューを転送してください。

How to Image

ボイスメモ

スポーツデバイス(SSE-BTR1) の [MEMO]ボタン を長押しすると音声ガイダンス後あなたの声を録音することができます。走りながら思い浮かんだアイデアやその瞬間の気分などを保存しましょう。

*ボイスメモの録音時間はアプリケーションのメニュー [設定] - [ボイスメモ録音時間設定] から変更できます。録音した音声は、アプリケーションのメニュー [ボイスメモ] から再生・確認することができます。

How to Image

発話音声の音量調整

トレーニング中のアドバイスや、走行距離のアナウンスが聞こえにくい場合は、アプリケーションの設定からアナウンスの音量を変更することができます。

発話音声の音量設定方法はこちら

*発話音声調整の設定には、スポーツデバイスをアプリケーションに接続する必要があります。

トレーニングの終了/一時停止

How to Image

トレーニングを終了するときは、スポーツデバイス(SSE-BTR1)の 「START」ボタンを長押しします。また、トレーニング中に一時停止を行う場合は、「STARTボタン」を短く押します。再び短く押すと、トレーニングを再開します。

*確実なランニングログ保存のために「START」ボタンを長押しして、トレーニングを終了してください。また、「START」ボタンを短く押すことで、トレーニングを一時停止することもできます。一時停止中に再度「START」ボタンを短く押すと、トレーニングを再開できます。

*トレーニングの終了と一時停止は、アプリケーションの[スワイプで一時停止]からも行えます。

App icon

オートポーズ機能

アプリケーションのメニュー[設定] - [オートポーズ設定]を変更し、トレーニングメニューを再転送することでオートポーズの有効/無効を変更できます。

*トレーニングメニューを転送するまで設定は変更されません。設定変更後は、必ずトレーニングメニューを転送してください。

終了後のデータ転送

How to Image

トレーニング終了後、スポーツデバイス(SSE-BTR1)とアプリケーションが接続されるとボイスメモなどのデータが、アプリケーションへ転送されます。 転送時に表示されるダイアログの「今後表示しない」にチェックをいれると、接続時に自動的にデータを転送します。

*データ転送を高速に行う為、一時的にスマートフォンの通知領域へスポーツデバイス(SSE-BTR1)との通信が切断されたメッセージが表示されます。自動的に再接続しデータ通信を開始しますので データ転送完了までは、アプリケーションやスポーツデバイス(SSE-BTR1)を操作しないでください。

*Android 版のアプリケーションへトレーニング結果を転送できない場合は、 アプリケーションのメニュー[デバイス情報]横の App icon アイコンをタップし、アプリケーションとスポーツデバイスを接続しなおしてください。

Review

トレーニング結果を地図やグラフなど色々な角度からチェックしてみましょう。


トレーニング結果の確認

How to Image

サマリー表示

トレーニング結果をアプリケーションに転送すると、トレーニング結果が表示されます。走行ルート、走行距離、走行時間、平均ペース、消費カロリー、ステップ数(歩数)を1つの画面でまとめて閲覧することができます。

How to Image

グラフ比較

走行ルートを確認しながら、「ペース」「高度」「心拍数」「ストライド」「ピッチ」から最大2項目を同時にグラフ表示することができます。選択中のアイコンをタップすると選択を解除できます。

How to Image
How to Image

ラップタイム

トレーニング中の 1km 毎の走行時間と各ラップ(1km)の差を表示します。同じ距離間の走行時間を比較することでトレーニングの走行ペースを振り返ることができます。

2つのログデータを比較することができます。例えば、今回のランニングと、以前同じコースを走った時のログデータを比較すると、前回よりもどれだけ速かった・遅かったか、が比較でき、成長が実感できます。

How to Image

楽曲プレイリスト

トレーニング中に再生された楽曲がプレイリスト表示されます。ルートマップ上に楽曲アイコンが表示され、再生されていた場所を振り返ることができます。

SNSで結果を共有

How to Image

トレーニング結果は、 App icon アイコンを選択することでtwitter や Facebook などのSNS を利用して、友人や家族などへ共有することができます。

*ご利用可能なSNSのサービスは端末のご利用状態により異なります。

Next Step

過去の記録をチェック。毎日成長する自分へ。


目標の達成度を確認

How to Image

設定した目標と日々の達成度

アプリケーションのホーム画面上で左スワイプをするか、ドロワーメニューの「目標設定」から、設定した目標とグラフィカルに表現された現在の達成度を確認することができます(最大10個)。トレーニングを行うと達成度が更新されていき目標に近づいていきます。自分の達成度合いを確認しモチベーションをキープしつつトレーニングに励みましょう。目標を達成するとアプリがお祝いしてくれます。

過去の自分と比較

How to Image

トレーニングの履歴と一覧

アプリケーションのメニューから [履歴] を選択するとデータを一覧表示することができます。上部のアイコンなどを操作すると、「走行距離」、「走行時間」、「消費カロリー」、「ステップ数」、「平均ペース」、「平均心拍数」の並び替えやカレンダー表示に切り替えることができます。

ベストスコアの閲覧

How to Image

ベストスコアを確認し、次のステップへ

アプリケーションのホーム画面の右上にあるオプションメニューアイコン App icon をタップし、「ベスト」を選択すると「最長記録」、「最高消費カロリー」、「最高平均ペース」、「1キロ最速タイム」が表示されます。自分のベストを確認したら、次のステップの目標を決めプランを設定しましょう。

もっと楽しむ

もっとSmart B-Trainerを活用して楽しもう。


ミュージックプレイヤーとして使う

How to Image

ミュージックプレーヤー

スポーツデバイス(SSE-BTR1) は、トレーニング目的以外にミュージックプレーヤーとしてご利用いただくことも可能です。

ミュージックプレーヤーとしての詳細操作はこちら

楽曲の転送手順 (*ご利用PCのOSにより転送手順が異なります。)

Windows OS搭載パソコンをご利用の場合はこちら
Mac OS搭載パソコンをご利用の場合はこちら

水泳で使うには

How to Image

スポーツデバイス(SSE-BTR1)は、IPX5/IPX8相当の防水性能を実現しています。スポーツ中の汗を洗い流したりすることはもちろん、水泳で使用することもできます。

* 水泳時にお使いになる場合、水泳用イヤーピースに交換してください。Smart B-Trainerにヘッドホンのドライバ部分に水が浸入し、音が聞こえにくくなることを防ぐことができます。保存された音楽を聞く以外の用途にはお使いいただけません。

* JIS/IEC保護等級(IPX5/IPX8)相当:当社試験条件において、水泳用イヤーピースを装着し、水深2.0mに30分沈めた状態で製品に故障がないことを確認しております。また水中でご使用の際は、Bluetooth® 機能、一部の計測機能(心拍、気圧、GPSなど)は正しく動作しないためご使用になれません。水泳など水中でご使用の際は、音楽再生機能のみ利用可能です。

水中でのご利用に関するご注意
水中で再生音が聞こえにくい場合はこちら