世界のテニスプレーヤーの平均ショットデータとあなたのデータとを比較して、
次の上達レベルの目標とする数値を設定してみましょう。
ショットデータは日々更新されます。

North America

  • Ball Spin
    0
  • Swing Speed
    0
  • Ball Speed
    0

Europe

  • Ball Spin
    0
  • Swing Speed
    0
  • Ball Speed
    0

Japan

  • Ball Spin
    0
  • Swing Speed
    0
  • Ball Speed
    0

Oceania

  • Ball Spin
    0
  • Swing Speed
    0
  • Ball Speed
    0

shots worldwide

km/h

mph

Forehand
Spin/Flat

Backhand
Spin/Flat

Forehand
Slice

Backhand
Slice

Forehand
Volley

Backhand
Volley

Smash

Serve

Men

Women

Forehand
Spin/Flat

Backhand
Spin/Flat

Forehand
Slice

Backhand
Slice

Forehand
Volley

Backhand
Volley

Smash

Serve

開くボタン

Region

North America

North America

Europe

Japan

Oceania

Men

Women

Lessons

実技指導、撮影協力:GODAI テニスカレッジ

試合で役立つプレーの上達に向けた実践ビデオです。
プレーの上達に向けて、このレッスンビデオのようにあなたのプレーを映像とデータで確認してみましょう。

ストローク

1. ムーンボールをミスなく打ち続ける方法

クロスのラリーで高い弾道のボールを打つと前衛のポーチボレーを避ける事が出来ます。ストレートロブで高いボールを打つと相手のバックに高く跳ねるので攻撃に結びつく起点のショットとなります。スピンで高さのあるボールなので前衛につかまらない様に気をつけて下さい。

Ball Spin
+8
Swing Speed
110
Ball Speed
90

ストローク

1. ムーンボールをミスなく打ち続ける方法

court image

ストローク

1. ムーンボールをミスなく打ち続ける方法

  1. 相手の後衛からクロスのボールがきた時に、
  2. クロスのラリーで高い弾道のボールを打つと前衛のポーチボレーを避ける事が出来るのでOK となります。

ストレートロブで高いボールを打つと相手のバックに高く跳ねるので攻撃に結びつく起点のショットとなりますのでこれもOK です。スピンで高さのあるボールなので低くて前衛につかまってしまうのがNG となります。

2. 相手を追い込むショートクロス

サイドに振られた時に回転の多いクロスへのボールを打つ事で、大きく角度をつけて相手のプレーヤーを外に追い出してオープンコートを作り、センターを攻めるのが目的です。前衛につかまるとセンターに攻められてしまうので注意して下さい。

Ball Spin
+8.5
Swing Speed
100
Ball Speed
80

ストローク

2. 相手を追い込むショートクロス

court image

ストローク

2. 相手を追い込むショートクロス

  1. 相手のストロークでサイドに振られた時に、
  2. 回転の多いクロスへのボールを打つ事で、大きく角度をつけて相手のプレーヤーを外に追い出してオープンコートを作り、次にセンターを攻めるのがOK です。

相手の前衛につかまるとセンターに攻められてしまうのでNG となります。

3. パッシングを強く打つ為のポイント

ストロークをコートの中で打てる時に前衛に向かって強く打つ事で前衛を崩す事が目的になります。後衛のストロークに打つと距離があるので攻撃に結び付きにくいです。

Ball Spin
+4
Swing Speed
120
Ball Speed
140

ストローク

3. パッシングを強く打つ為のポイント

court image

ストローク

3. パッシングを強く打つ為のポイント

  1. ストレートロブで相手の前衛を下げて
  2. 返球されたボールが浅くなったところを、
  3. 前に入って前衛に向かって強く打つと決定力が出るのでOK となります。

後衛のストロークに打つと距離があるので攻撃に結びつきにくくNG となります。

ボレー

1. 攻撃的なボレーで決定力アップ

相手の後衛のクロスラリーをポーチボレーして、近くにいる前衛に向かって強く打つ事で決定力のあるボレーを打ちます。前に詰めているので後衛に打つとロブで抜かれるリスクがあります。

Ball Spin
-1
Swing Speed
100
Ball Speed
100

ボレー

1. 攻撃的なボレーで決定力アップ

court image

ボレー

1. 攻撃的なボレーで決定力アップ

  1. 自分のパートナーがクロスに打ち、
  2. 相手の後衛がクロスに安全に返球しようとした時に、
  3. ポーチボレーをして決めにいくボレーです。近くにいる前衛に向かって強く打つのがOK となります。

前に詰めているので後衛に打つとロブで抜かれるリスクがありNG となります。

2. ノーミスのファーストボレーを打つ方法

サービスダッシュ、リターンダッシュ、アプローチなどネットに出た時に最初に打つボレーです。距離が長いので前衛につかまらない様にクロスに打ちます。前に走っていく途中でのボレーが前衛につかまるとセンターに攻撃されてしまうので注意して下さい。

Ball Spin
-5
Swing Speed
80
Ball Speed
65

ボレー

2. ノーミスのファーストボレーを打つ方法

court image

ボレー

2. ノーミスのファーストボレーを打つ方法

  1. サービスダッシュをして
  2. 相手のリターンが足元に返ってきた時に、
  3. 最初に打つボレーです。距離が長いので前衛につかまらない様にクロスに打つのがOK となります。

前に走っていく途中でのボレーが前衛につかまるとセンターに攻撃されてしまうのでNG となります。

スマッシュ

1. 一発で決めるスマッシュ

浅いロブを相手の前衛やセンターに向かってハードヒットをして決めにいくスマッシュです。後衛に向かって打つとストローカーなので決定力が落ちます。

Ball Spin
+2
Swing Speed
130
Ball Speed
140

スマッシュ

1. 一発で決めるスマッシュ

court image

スマッシュ

1. 一発で決めるスマッシュ

  1. 相手のロブが浅い時に打つスマッシュです。
  2. 相手の前衛やセンターに向かってハードヒットをして決めに行くのがOKです。

後衛に向かって打つとストローカーは時間的余裕があるので返球されやすくなりNGとなります。

2. 追い込まれたところからの攻撃のスマッシュ

相手から良いロブが上がった時に前衛に打つと戻る時間がなくてあいているセンターを攻撃されてしまいます。当たりを重視して深く後衛に向かって強く打ち、次の攻撃に結び付けていくのが目的です。

Ball Spin
+2
Swing Speed
130
Ball Speed
140

スマッシュ

2. 追い込まれたところからの攻撃のスマッシュ

court image

スマッシュ

2. 追い込まれたところからの攻撃のスマッシュ

  1. 相手のロブが深くて追い込まれた時に打つスマッシュです。
  2. 深い位置からのスマッシュは当たりを重視して深く後衛に向かって強く打ち、次の攻撃に結び付けていくのがOK です。

相手から良いロブが上がった時に前衛に打つと戻る時間がなくてあいているセンターを攻撃されてしまうのでNG となります。

サーブ

1. 相手を追い込むフラットサーブ

最短距離のセンターにエースを狙って強く打ったり、ボディを狙って振り遅れさせる事で攻撃的なサーブとなります。バックに速いサーブを打つのも有効です。

Ball Spin
+2
Swing Speed
130
Ball Speed
150

サーブ

1. 相手を追い込むフラットサーブ

court image

サーブ

1. 相手を追い込むフラットサーブ

  1. デュースサイドは最短距離のセンターにエースを狙って強く打つのがOK となります。
  2. アドサイドも同様に最短距離のセンターにエースを狙って強く打つのがOK となります。

相手のバックハンドに強く打つのも攻撃に繋がりやすくOK となります。

2. 切れるスライスサーブを打つ方法

スライスサーブは曲がっていくのと弾道が浮かないという利点があるのでフォアサイドからサイドに向かって打って相手の低いところで取らせてポーチに出たり、サイドに追い出してオープンコートを作るのが目的です。

Ball Spin
+6.5
Swing Speed
115
Ball Speed
95

サーブ

2. 切れるスライスサーブを打つ方法

court image

サーブ

2. 切れるスライスサーブを打つ方法

  1. デュースサイドのスライスサーブは曲がっていくのと弾道が浮かないという利点があるので短くサイドに打てると相手を追い出して更に低いところで取らせられるのでポーチに出やすくなったり、センターがあいたりするのでOK です。
  2. アドサイドはセンターに打ってリターンに角度がつかない様にしたり、バックに深く打つと体の方向に曲がってくるので返球の難しいサーブとなりOK です。
3. 安定かつ攻撃的なスピンサーブ

スピンサーブは高さが出て落ちて跳ねるので、安定感のあるセカンドサーブとして使ったり、相手のバックに高く跳ねさせて攻撃の起点として使うのが目的です。跳ねるのでフォアに入ると叩かれてしまうリスクがあります。

Ball Spin
+6
Swing Speed
110
Ball Speed
90

サーブ

3. 安定かつ攻撃的なスピンサーブ

court image

サーブ

3. 安定かつ攻撃的なスピンサーブ

  1. スピンサーブは高さが出て落ちて跳ねるので、安定感のあるセカンドサーブとして使ったり、相手のバックに高く跳ねさせて攻撃の起点として使うのが目的です。よって両サイド共通でバックに向かって打つのがOK となります。
  2. 跳ねるのでフォアに入ると叩かれてしまうリスクがあり両サイドも共通でNG となります。
app screen

スマートテニスセンサーアプリで自分のプレーデータを確認できます。世界のテニスプレーヤーのデータを参考に、スマートテニスセンサーアプリでプレーレベル向上の目標値を設定し練習することが出来ます。

app screen

スマートテニスセンサーアプリのライブモードビデオ機能を使うとデータと映像を記録・再生することができます。レッスンビデオように、コーチやテニス仲間にプレーを撮影してもらいプレーの上達に役立てることができます。