main image pc main image tab main image sp

あなたの知らなかった弱点は、
このセンサーが教えてくれる。

データはあなたが思っているよりも雄弁にあなた自身を語ります。データが教えてくれるのは、例えばあなたの苦手なショット。自分の弱点を知ることで、克服しなければならない課題が見えてくる。ストロークなのか、ボールスピードなのか、スイートスポットなのか。課題が明確だからこそ、練習に身が入る。自分の成長を楽しみながら、苦手なショットを得意技に変えよう!

センサーをつけてデータを取得する


ux image pc ux image tab ux image sp

グリップエンドにセンサーをつけて、電源を入れるだけで準備OK。あとはショットするごとにデータが取得されます。センサー内に最大約12,000球のデータを溜めることができるため、スマートフォンと接続されていなくても、後で溜まったデータを転送すれば、自分のプレーデータを確認することができます。

データを見て課題を発見する


ux image pc ux image tab ux image sp
app ui
app ui

プレー後にスマートフォンと接続して、データをアプリに取り込めば、スイングの割合を示す円グラフなどが自動的に生成されます。バックハンドストロークの練習量が足りない、スイートスポットを外している、スイング速度とボール速度のバランスが悪い、などがそのデータから読み取れるのです。課題を発見し、それを克服するための練習メニューを組み立てましょう。

プレー結果を振り返り、課題を確認する

練習による変化・改善を確認する


app ui

日々の練習データが蓄積されるため、毎日の成長を目で見て実感できます。例えば「バックハンドストロークの平均ボールスピード 80km/hを超える!」という自分の目標に向けて、日々の練習でチャレンジしてみましょう。日々どれだけそこに近づいているかを知ることができるので、自分の成長を実感し、練習へのモチベーションが高まります。

ux image pc ux image tab ux image sp

データを活用した多彩な練習方法がモチベーションをあげる


smart watch

1球ごとのデータを、手元で瞬時にチェック

スマートウォッチと連動させることで、例えばサーブ練習中に一球ごとのスピードを手元で確認するなど、新しい練習方法が可能になります。

world data

World Data

世界中のプレーヤーと自分のデータを比較しよう。

World Data & Lessons

Smart Tennis Sensor

device

スマートテニスセンサー

SSE-TN1S

グリップエンドに装着するセンサー

この小さなセンサー内にショットを記録

主な仕様

application

アプリケーション

Smart Tennis Sensor

ショットを解析し、テニスのログを作成・表示

インパクト位置、ボールの回転、速度、スイングスピード、トータルショット数などを数値化し成果を最大化

対応機器情報

表示できるデータ