一番のメリットはティーチングプロの目に見えない動きが見えてくる Interview ZAMET勤務 長本広治ティーチングプロ

東京・赤坂にあるプライベートゴルフスタジオ ZAMETでは2018年よりスマートゴルフレッスンを導入している。一人一人に合わせたスイングを作る指導法との相性、さらにはオンラインを活用しての今後の展望を長本広治ティーチングプロに聞いた。

Interviewインタビュー

ZAMETさんで行っているレッスンの特徴を教えてください。まず、レッスンは完全プライベート、マンツーマンで行っています。レッスンの一番の特徴はスイングを一人一人に合わせて作るところです。一般的なスイングの型にはめず、無理のないスイングを作ることで最短で上達することができます。

そういった特徴のレッスンを行う中で、スマートゴルフレッスンを導入されたですね。そうですね。導入したのは2018年の秋ごろです。

スマートゴルフレッスンを導入したきっかけは?以前は他の弾道計測機などを使用していましたが、スマートゴルフレッスンには様々な機能が付いている点に注目しました。まず1つ目がスイングの映像とインパクトデータが撮れることですね。インパクトデータというのは、フェースのアングルや入射角のことで、このデータがとても分かりやすいです。
また、スイングの軌跡も撮影することができて、この性能もとても良いです。スイングの軌跡を見ることで、一人一人のクラブの動きの癖を可視化することができます。今までもそういった機器はありましたが、スイングの映像が撮れて、クラブの動きも見ることができて、軌跡もわかるというのが1つの機器で完結することがスマートゴルフレッスンの素晴らしい点だと思います。

機器が一つで済めば、お客さんも使いやすいですよね。そうですね。お客さんも色々な画面を見せられると混乱するので、1つのタブレットで比較などもできて便利です。

実際のレッスンの中で、スマートゴルフレッスンをどのように使っていますか?まずは、一人一人のスイングの癖を見極めるために使っています。スイングの軌跡などで上手くいっていない原因などを探して、修正を行います。
もう1つお客さんから好評なのは、レッスンした内容をアプリで配信することができる点ですね。配信した内容をお客さんが確認をして、忘れずに復習することができる。そうして蓄積されたデータを後で閲覧することができることも喜ばれています。
また、スイングの映像だけでは把握しきれない細かい点はインパクトデータに出るので、その数字をお客さんに見せることで、より納得をしてもらいながらレッスンすることができています。

スマートゴルフレッスンでは様々なデータを測定することが可能ですが、レッスンをする上で重要視している指標はありますか?インパクトデータは弾道に大きく影響をしてきます。クラブの軌道に対してフェースアングルがどうなるかによって、ボールがどの方向に出て、どのように曲がるかが決まってきます。また、当たりが悪い人は入射角が適切ではない人が多いので、ここを修正していくとボールに当たるようになってきますね。

スマートゴルフレッスンを導入してからのお客さんからの評判はいかがですか?スマートゴルフレッスンを使うことで、自分のスイングやデータがとても分かりやすくなるので、今自分がどういう動きをしているかを理解することができて修正がしやすくなります。修正するとボールの弾道が良くなっていくので、コースで良いショットが打てるようなったという声は届いています。みなさん、効果が出ていますよ!

そして、実践している方はまだ少ないですが、コースなどでもスマートゴルフレッスンを使ってもらうと、その時々にどういうことが起きているのかを把握してもらえるので、それを見ながらレッスンをすることも可能ですね。データは多ければ多いほど、その人の傾向が見えてくるので、その傾向を分かった上でレッスンをした方が、より効果は出てくると思います。

スマートゴルフレッスンを導入するメリットはどこにあると感じていますか?一番はティーチングプロの目に見えない動きが見えてくるというところですね。そうすることで、レッスンの幅が広がっていき、やることがしっかり決まってきます。原因が曖昧な状態で感覚的にやるよりも的確にレッスンすることができるのがメリットです。ある意味では誤魔化しようがないとも言えます。(笑)

今後はスマートゴルフレッスンをどのように使っていく予定でしょうか?現在はZAMETに入会している方に使用して頂いていますが、今後はもっと違った方にも使用してもらえればと思っています。例えば、遠方に住んでいる方や世界中の人がこれを持っていればレッスンができるようになると思うので、対面だけではない遠隔レッスンというものをやっていきたいと考えています。

ティーチングプロの方も指導しやすくなるし、お客さんもレッスンを受けるハードルが下がると思います。レッスンスタジオにしっかりと通う前に、体験という形で使ってみるという方法もありますよね。ワンポイントでレッスンを受けたいというゴルファーの方もたくさんいると思います。

今後のスマートゴルフレッスンに期待することはありますか?遠隔レッスンの一歩先として、リアルタイムでのオンラインレッスンができるようになればなと考えています。ゴルフ場でも、練習場でも、もっと言えば自宅からでもリアルタイムでレッスンを受けられるような環境になればいいですね。

最後にスマートゴルフレッスンの導入を検討しているティーチングプロへメッセージをお願いします。スマートゴルフレッスンはティーチングプロのやりたいことを全てこれだけで網羅しています。使わない手はないと思いますね。

長本 広治ティーチングプロ

プロフィール

16歳よりゴルフを始める。一般企業に就職するが夢を追うために辞職し、ゴルフ場に所属する研修生へと転向。ミニツアーなどを転戦しながらレッスン活動を始める。伝える楽しさを知り、本格的にティーチング活動を開始。

資格

2002年「日本ゴルフツアー機構 ツアープレーヤー」取得 / 2006年「日本プロゴルフ協会 ティーチングプロ」取得 / 2008年「USGTF ティーチングプロ」取得

取材協力
PRIVATE GOLF STUDIO ZAMET(新しいウィンドウで開くhttp://www.zamet.co.jp/smart/
写真撮影
吉田茂俊

センサーの購入、サービスのお申込みはこちら

スクール・ティーチングプロの方と一般ゴルファーの方でサービス内容や料金が異なります。

トップへ戻る